プロフィール
ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

家族構成:夫、長女(専門学校、H15生)、二女(高2、H17生)、三女(中1、H21生)、実父母

平成23年6月、33歳にして、関節リウマチを発症。
現在、リウマトレックス、エンブレル等で治療中。
令和3年11月、夫(56才)が発達障害であることが判明。
なるほど、私の子育ての大変さは夫と子供の発達障害によるものかと、イライラの原因が一気に解明。

仕事もボチボチ頑張りつつ、発達障害の人達の生きづらさの軽減について、日々勉強中。
家族や子供さんが発達障害やグレーゾーンの方、関節リウマチの方々、毎日凄く大変だと思いますが、一緒に笑顔で生きましょう。

2012年05月07日

リウマチ いよいよ入院か。

ついに、この日がやってきました。
入院するのか、しないのか。
時には日常を忘れて入院もいいかも揺れるハートと少し思っていたりもする私です。

しかしがく〜(落胆した顔)

ゴールデンウィーク中に、不注意で子供の風邪をもらってしまい、咳がゴホゴホあせあせ(飛び散る汗)
しかも、リウマトレックスの副作用で、間質性肺炎があるから、風邪症状でもリウマチ医を受診するように言われていたのに、39.5℃の高熱のせいですっかり忘れて、休日診療所を受診した始末たらーっ(汗)
先生に呆れられてしまいました。

しかし、こんな私を見放すことなく、入院は延期で、5月22日からとなりました。
当初の予定では、日曜日までの入院予定だったのですが、26日が小学校の運動会だと伝えると、「じゃあ、22日から25日までの入院にしよう。」とのこと。

あれっexclamation&question
別に1週間入院しなくてもいいのexclamation&question

入院期間が短い方が家族への負担も減るし、入院費用も抑えられるので助かりますが・・・

といわけで、職場へお詫びの電話を入れました。

生物学的製剤のお話を期待されていた方、まことに申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください。
実は、私も、早くしてみたいと思っていたので、とても残念です。

では、また後日、あらためてご報告します。


posted by yu_hi at 15:38| Comment(0) | リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする